心が疲れたら【どうしても伝えたい!前向きになれる6つの考え方】

こんにちは、あやりです。

なんで生きてるんだろうって思ったり、
本当に体がだるかったり…
これって心が疲れてるのかな…?

そう思ってるあなたは、少し休憩が必要ですね。

私も同じように悩んだことがあります。
このままでいいのかなとは思うものの、どうすればよいか分からず、本当につらい時期がありました。

だからその気持ち、すごく分かります…

でも人間だから、悩むのは当たり前だし、
そもそも、なぜ生きているかの答えを知っている人はいません。

むしろ、人生を変えるチャンスと捉えてみてください。
あなたがもし、「心が疲れた」であったり、
「このままでいいのかな」と思わなければ、いつまでも同じままでした。

今があなたの人生の分岐点。
そう言っても過言ではありません。

心が疲れたあなたに伝えたいこと。

世界は広い

毎日必死に頑張っていると、今いる世界がすべてになります。

でも、世界には旅をしながら生きている人がいたり、本当に色々な生き方をしている人がいます。

ちなみに、旅をしながら生きている人は、日本にもおられるようです。

(気になった方は、ご自身で調べてみてくださいね!)

あなたの常識は、あなたのいる世界の中だけの常識です。

あなたがいる場所が変われば、常識も変わる。

自分の想像できる範囲が当たり前ではないのです。

今持っている常識を疑うことができれば、もっと自由な選択ができます。

心がぎゅーっと押し込められたままでは、夢を描くことも出来なくなります。

一度心を解放して、何が自分にとっての幸せか、もっと自由に幸せを描いてみましょう。

あなたの夢はなんですか?理想の未来はありますか?

始まったら終わる

いつかは終わる。私たちの時間には限りがあります。

なぜ生きているかは誰も分からないけれど、今ここにいるのは事実です。

あなたは苦しむために生まれてきたわけではありません。

なぜ生きているかは分からないけれど、この世にいられるチャンスは、

たった一度きりなんです。

やってみたいことリストを作りましょう。

行きたい場所に行きましょう。

一歩踏み出すのは今

急ぐ必要はないけれど、夢を叶えるための一歩だったり、自分が変わるための一歩を踏み出すのは、今が一番のタイミングです。

今日の選択が未来をつくっていきます。

なりたい未来像から逆算して、今何をすべきか考えましょう。

なりたい自分になれる

小さい頃、どんな人に憧れましたか?今は、どんな自分になりたいですか?あなたが思い描くイメージが具体的であるほど、理想に近づくことができます。

強い気持ちを持って、信じましょう。

生き方に正解はない

なぜ生きているか誰も分からないのですから、生き方にも正解はありません。

自分の信じる道を歩けばよいのです。

ただ一つ言えるのは、人間は一人では生きられません。周りの人と助け合う精神は忘れないでくださいね。

相手にしたことは、いつか自分にも返ってきます。

今からでも遅くない

いつでも挑戦できます。

大人になって色々な知識がつくと

つい枠に当てはめて考えてしまいがちです。

まずは今の正直な気持ちを紙に書いてみるところから始めましょう。

色んな要素をとっぱらって、純粋な自分の気持ちに耳を傾けます。

最後に

心が疲れた時には、気分転換が必要です。

旅行に出かけたり、いつもと違う場所に行ってリフレッシュしましょう。

そうすることで、いつもと違う目線で物事を考えられるようになり、自分と向き合うことができます。

あなたには現状を変える力があります。

でもどうしても辛いときは、逃げるという選択肢も忘れないでください。

あなたは、あなた自身を大切にしてあげてくださいね。

〈追伸〉

本当につらいときは、周りの人に相談して助けを求めてください。

相談できる人がいなくてつらい場合は、私に連絡してくださいね。

一度きりの大切な人生。あなたの人生。

とびっきり素敵なものにする価値があります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。