夢を叶える具体的な方法【ウソのような本当の話】

こんにちは、あやりです。

「夢を叶える」と聞くと、ちょっとスピリチュアルな感じがしますが、

今回は、実際に夢を叶えた人が行っていた具体的な行動や考え方を紹介していきます。

登場人物は、超難関国立大学に現役で合格した、私の妹です。

昔の偉人の話しをしても、ありきたりになるので

とっても身近にいた、夢を叶えた人の話しを例にさせてください。



まずは前提

・通っていた高校は進学校ではなく、過去の合格実績はほぼなし

・予備校に通い始めたのは高校3年生

それでは実践編

常に備える

これは今、具体的な夢がない人にもおすすめの考え方です。

「備える」とは、いつかのために今できることをやることです。

例で言うと、彼女は受験すると決める前から、

学校の授業をきちんと受け、毎回授業内容を理解するようにしていました。

受験を決めたのは少し遅い時期でしたが、この備えがあったからこそ、間に合ったのだと思います。

夢がないから、前準備なんて出来ない・・・そう思ったあなた!

大丈夫です!今できることを一生懸命にやればいいだけですから。

例えば、今はすごくイヤで転職を考えている会社でも、転職するまでの期間は、毎日の業務を一生懸命行うのです。

私もIT企業で働いていた際に、イヤで仕方なかったけれど毎日一生懸命していると・・・

色々なプロジェクトに参加することになって、また仕事が増えてイヤになりました。(笑)

でも、その経験は無駄にはなっていません

今のネットビジネスの仕事にも活かすことが出来ています。

今は分からないけれど、後でひょんなところで役立つこともあるのです。

人生はうまく出来ているなと感じます。

夢はあるけど、前準備をしていなかった・・・そう思ったあなた!

今からでも遅くありません!気付いたときから始めれば大丈夫です!

むしろ今気づけたことで、これからの人生が変わっていくと思います。

本当に応援しています!

決してあきらめない

夢があるなら、何があっても諦めないでください。諦めなければ、夢は続きます。

例で言うと、彼女は学校の先生から

「無理だと思う」と直前まで言われていたそうです。

志望校を変えるようアドバイスを受けましたが、なんと、第1志望校しか受験しないという強行に出ます。

結果はご存知のとおり、現役で合格。

あきらめない気持ちは本当に大切だと痛感しました。

信じぬく

彼女は、大学の写真を机に貼っていました。オープンキャンパスにも行きました。

自分がその大学で過ごしている姿を強くイメージしていました。

イメージすることって、本当にすごい力を持っています。

想像するだけでも良いのですが、もっと効果的なのは視覚を使うことです。

例の彼女は、写真をいつも見えるところに置いていました。

オープンキャンパスで実際の建物を見ることで、そこにいる自分を想像しやすくなります。

夢ボードという言葉をお聞きになったことはありますか?

コルクボードに自分の夢を表した写真などをかざることです。

私も実践してみたので、別の記事でレポートしますね♪

こんにちは、あやりです。 今回は、夢が叶うとウワサの夢ボード(ビジョンボード)を紹介します。 夢を叶えたい人は必見ですよ...

継続して努力する

これは私も耳が痛いです・・・(自分で書いておきながら)

受験すると決めてからは、毎日、継続して努力していました。

勉強時間もさることながら、予備校の先生のアドバイスを謙虚に実行し

学校の先生もフルに活用し、色々な方々のサポートを受けて頑張りました。

1つの物事をとことん突き詰めるのは、人生においても良い経験だと思います。

夢叶えるためには、思いと行動を継続することが大切です。

今日の行動が未来を作っていきます。

夢を叶えるために、自分に今何が必要かを逆算してみましょう。

頑張り方もポイントで、より成功に早く近づこうと思ったならば

すでに成功している人のマネやアドバイスを受けると良いですよ!

後日談

彼女はこの精神で、就職先もとんでもないところ(笑)です。

想像を遥かに超えていて、びっくりしちゃいました。

でも彼女の良いところは、謙虚に、自分の能力を人の役に立つように使っていること。

…数年後に会ったら、ふんぞり返ってたらどうしよう(笑)

何はともあれ、自慢の妹です。

まとめ

夢を叶える方法を、実際に夢を叶えた人を例に紹介しました。

あなたも、毎日の今できることを一生懸命して、

夢が見つかったときは、諦めず、自分を信じて、努力してみてくださいね。

私ももっと頑張らなければ・・・と思いました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。